絵画や骨董品を処分するには?

引越しの時に荷物を整理する方は多いですが、意外と邪魔になってしまうアイテムの1つに、壺や絵画のような絵画、が挙げられます。何と無く好きで購入したのはよい物の、とくに飾るでもなく、押し入れの中にしまい込んだままなので、引越しを機に処分をするという方も多いでしょう。

不要になった絵画や骨董品を処分する際には、友人や知人にあげる、ゴミとして処分をしてしまうなどの方法もあります。ですがこれらの方法は、せっかくの作品を無駄にしてしまい、自分のこれと言った利がない方法のため、あまりおすすめできません。

絵画や骨董品を処分する最もおすすめな方法と言えば、やはり買取ショップで査定をして買い取ってもらう方法でしょう。

絵画買取・無料査定なら【総合美術買取センター】

現在は、上記のようにインターネットで査定をしてくれるショップも多く、気軽に利用できることから、初めて利用をする方でも安心です。全国各地に様々なタイプの買取ショップがありますので、自分に利がない処分をするくらいであれば、買取を検討して見ると良いでしょう。

買取業者で買取してもらう方法がおすすめ!

扱う品にもよりますが、買取査定によっては、購入金額よりと同じくらいの金額、貴重品の場合、購入金額よりも大幅に金額アップして、買い取って貰える可能性があります。状態によっても異なりますが、ただ黙って捨ててしまうよりも、確実に何らかの形で返って来ることがほとんどです。

買取業者に買取をしてもらうには、まずは査定をしてもらいます。店舗によって査定の基準や、高価買取する対象が異なりますので、色々とお店を比較した上で、納得出来るお店を見つけましょう。いくつかのショップを巡って見て、査定金額が最も高い所を選ぶのもおすすめの方法です。

買取前のワンポイントアドバイス

買取査定の際には、出来れば、箱や保証書などもセットにして査定をしてもらう事が大切です。単体の時に比べると買取査定額がアップし、よりお得に買い取って貰えるケースが多いでしょう。また、目立つ汚れがあっても、傷が付く等の恐れが有る場合は、汚れは無理して落とさず、そのままで構いません。

店舗によっては、作家やアーティストごとに買取を強化しているケースもあるので、該当する作家の作品を所持していたら、優先的に査定をしてもらうといいでしょう。